BREAD

【レシピ】ローズシュトーレンの作り方〜ドライハーブ入り

クリスマスや贈るものにおすすめのシュトーレン。
ドライハーブ入りバージョンレシピを公開!

 

【レシピ】ローズシュトーレンの作り方〜ドライハーブ入り

ローズシュトーレン

 

レシピ|ローズシュトーレン

 

【クランベリー白ワイン漬け・2回分】3日前くらいから仕込む
・クランベリー55g
・ローズレッド 2g
・ラベンダー 1g
・ローズヒップ 2g
・白ワイン 40g

【中種】一晩〜二日前に作る
・準強力粉 50g
・ドライフルーツ 0.5g
・牛乳 20g
・水 15g

【本捏ね】当日
・強力粉 50g
・砂糖 20g
・塩 少々
・バター 50g
・クランベリー白ワイン漬け 50g
・アーモンド(ロースト済み)50g
・ホワイトチョコ 30g(板チョコでもOK)

【トッピング】
・溶かしバター 30g
・粉糖 50g

*甘さ控えめなので長期保存には向きません
*作って数日して味がしみた頃にスライスして冷凍保存がオススメ
*冬の室温20度で1週間保存は大丈夫でした(個人的観測)

 

動画|ローズシュトーレン

YouTubeに投稿したので、参考にしてください!

作り方|ローズシュトーレン

クランベリーの白ワイン漬け

レシピを参考に材料を入れて、漬け込む

 

中種作り

前日に小さめの容器に入れて混ぜる。ひとかたまりになればOK!

1時間室温→冷蔵保存→一晩〜二日に使う

一晩経った中種。

発酵はこのくらい。

ソフトなシュトーレンを作りたい方は
中種をもう少し発酵させるか、成形後〜オーブン焼成までの間に発酵時間を取るといいです^^

 

本捏ね

ローズシュトーレン

まずは材料を計量します!

バターは、手で押せるくらいの柔らかさにしておきます。
夏なら30分〜1時間前に室温へ、他は数時間前に室温へ。(冬は前夜から出しておくのも手)
もしくは、レンジでお好み温度20℃+少しずつ延長しつつ調整する!←私はこの方法です

ローズシュトーレン

バターを混ぜて柔らかくしたら、砂糖+塩を入れてよく混ぜる。
しゃりしゃり感がなくなってバターに砂糖を溶かすイメージで。

ローズシュトーレン

強力粉と中種をちぎって混ぜる。

ローズシュトーレン

ひとかたまりになった図。
白い生地(中種)とバターが入った生地(黄色)があるのがわかるでしょうか。
目を凝らして、9割くらい均一に混ぜていきます!

ローズシュトーレン

混ざったら、フィリングを入れて混ぜます!

・クランベリー白ワイン漬け:ローズやラベンダーが見えていい香りです〜✨
・アーモンド:ローストしているのを入れます
・ホワイトチョコ:板チョコ入れました^^

生地を押すイメージで混ぜる。

*質の良い材料を入れると高級なパン屋みたいな味に近づけます
*簡単に手の入る材料を使うと、老若男女食べやすい味に仕上がると思っています^^

ローズシュトーレン

混ざりました◎

ローズシュトーレン

2分割して、中の空気を抜くように丸める。

*べとつくので粉(強力粉)を振るとラクチン!

ローズシュトーレン

手で押して、ハンバーグのような形にする。

ローズシュトーレン

めん棒で真ん中から上下に伸ばす。

ローズシュトーレン

90℃展開して、真ん中から少し上にめん棒で折り目をつける。

ローズシュトーレン

下が出るように折る。

 

ローズシュトーレン

成形完了しました!

 

190℃25分で焼成。(うちの石窯ドームの場合)

 

ローズシュトーレン

焼き上がったらすぐに、溶かしバターを塗る。

ローズシュトーレン

粉糖を振る。

*裏面も忘れずに

ローズシュトーレン

冷めたら、ラップで包装する。

味がしみてカットしやすい、次の日から食べるのがオススメ!

 

ローズシュトーレン、とても喜ばれます

ローズシュトーレン

次の日にカットしてみました!

ほのかに香るラベンダーと、バラとクランベリーの色がとても華やかで
「ローズシュトーレン作ったんです」と手渡すととても喜ばれます^^

そして、後日「気づいたら半分食べていた」「1本食べてしまった」などと教えてくれます笑

ローズシュトーレン

ローズとラベンダー、好きな人が多いのではないでしょうか。
綺麗になれそうなローズヒップも入っていますし♪

甘さ控えめとは言っても甘いので、計画的に食べてくださいね^^

今年のクリスマス何作ろう、と思っている方にオススメのシュトーレンでした!

-BREAD
-

Copyright© TEA GARDEN , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.